レンタルサーバー

安いレンタルサーバーでおすすめのところ

2020年7月17日

個人向けのレンタルサーバー市場においては月額料金が500円未満で安いプラン、500円~1000円で標準的なプラン、1000円~2500円で高いプランという感じです。

一般的に人気があるのは500円~1000円ちょっとの価格帯。この価格帯はレンタルサーバー各社が力を入れているだけあってコスパもいいです。

参考レンタルサーバーは速い方がいいけどコスパに注意

続きを見る

法人としてもアクセス数がよほど多くなければ、個人向けのプランでも間に合ったりするよ。

一般にレンタルサーバーは値段が安いほど、

  • ワードプレスが利用できなくなる
  • ワードプレスが利用できるとしても表示速度が遅い
  • 安定感に欠ける(急なメンテナンスが入る)
  • セキュリティレベルが低くなる

という特徴があります。こういった特徴はどうしても料金に比例します。

しかし、それでもおすすめできるコスパのよいレンタルサーバーもあります。

安いレンタルサーバーでおすすめなところ

安いレンタルサーバーでおすすめなのは、安いプランだけでなく少し高いプランも備えているところです。

なぜ少し高いプランもあった方がいいかといえば、最初は安いプランで問題なかったように見えても、あとになってから変更したくなる場合があるからです。

一般にレンタルサーバーを別の会社に移行させることは少し面倒ですが、同じ会社においてプランを格上げすることは簡単です。

そのため安いプランだけでなく、少し高いプランも備えているレンタルサーバー会社がおすすめなのです。

そこでおすすめするのが、ロリポップ!、さくら、JETBOYの3社です。

3社の格安プラン4つを比較

レンタルサーバー ロリポップ! ロリポップ! さくら JETBOY
プラン名 エコノミー ライト ライト ミニSSD
1か月あたりの料金
(12ヶ月契約時・税抜き)
110円 275円 131円 320円
初期費用 1500円 1500円 1048円 1000円
無料期間 10日間 10日間 2週間 2週間
ディスク容量 20GB 100GB 10GB 5GB
ワードプレス × ×
独自ドメインの取得および維持 別料金 別料金 別料金 別料金
独自ドメインの数 50 100 20 10個
独自SSL 無料 無料 無料 無料
1か月の転送量の目安 1500GB 3000GB 1200GB 5万PVくらいまでのPVに対応
自動バックアップ なし なし なし 無料
上記のプランのうち初期費用はキャンペーン時には減額、あるいは無料となります。

まず判断軸になるのがワードプレスが使えるか否か。

参考ワードプレスとは何か、わかりやすく示します

続きを見る

ロリポップ!のエコノミープランとさくらのライトプランはワードプレスを使うことができません。

ワードプレスは使えた方が本格的なサイト運営ができるため、個人的にはワードプレスには対応しているプランがおすすめです。

以上のプランのうち、

  • 速さを求めるのならJETBOYのミニSSDプラン
  • ワードプレスに対応しているプランならロリポップ!のライトプラン
  • 上位プランの充実を求めるのならさくらのレンタルサーバ
  • 少しでも安いのがいいのならロリポップ!のエコノミープラン

がおすすめです。

主要5社のプラン(契約期間12ヶ月)

  • 月々110円、275円、550円、2200円の4段階プラン(低速~高速)、まずは安く始めたい個人、運用サイト数は200万超、老舗の安定感ロリポップ!
  • 月々131円、524円、1571円、2381円、2619円、4714円(低速~高速)、まずは安く始めたい個人、運用サイト数は160万超、老舗の安定感さくらのレンタルサーバ
  • 月々968円、1958円、3938円、7898円の4段階プラン、下のプランでも高速表示、アダルトサイトも運営可能、勢いのある新興mixhost
  • 月々941円、2145円、4290円の3段階プラン、下のプランでも高速表示、大手上場企業が運営する新しい安定感ConoHa WING
  • 月々1000円、2000円、4000円の3段階プラン、下のプランでも高速表示、運用サイト数は180万超、老舗の安定感エックスサーバー

-レンタルサーバー

© 2021 ウェブモット Powered by AFFINGER5